CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
にほんブログ村 その他ブログへ
↑クリックをお願いします。
CATEGORIES
アイソン彗星の破片が地球に衝突 2014年1月12日
0
    JUGEMテーマ:予言
    2014年1月12日にアイソン彗星の破片が地球に衝突するそうだ。ただ小さな破片なので地球の大気で燃え尽きると思う。明け方の空が明るく光ったりするのだろうか?少し早起きしてみてみるかな。

    ====================================================================
    ISON Meteor Shower To Hit Εarth From Two Directions on January 12, 2014

    Tuesday, December 17, 2013 11:07

    By Susan Duclos

    According to the video below the Comet ISON meteor shower will be hitting Earth on January 12, 2013.

    In the video description they Paul Wiegert of the University of Western Ontario, who is a veteran meteor researcher states “For several days around January 12, 2014, Earth will pass through a stream of fine-grained debris from Comet ISON.”

    He continues on to say “”Instead of burning up in a flash of light, they will drift gently down to the Earth below.”

    It isn’t something he believes people will even notice and will be extremely tiny grains of dust, no more than a few microns wide that are being pushed towards Earth.

    More via the video details:

    Wiegert notes another curiosity: “The shower is going to hit our planet from two directions at once.”

    When Earth passes through the debris stream, we will encounter two populations of comet dust. One swarm of dust will be following the Comet ISON into the sun. Another swarm will be moving in the opposite direction, pushed away from the sun by solar radiation pressure. The streams will pepper opposite sides of Earth simultaneously.

    “In my experience, this kind of double whammy is unprecedented,” says Wiegert.
    ================================================================

    QLOOKアクセス解析
    | オカルト | 20:00 | comments(0) | - |
    ISON彗星の破片の観測可能時期? 2013年12月25日 ~ 2014年1月14日
    0
      JUGEMテーマ:科学
      アイソン彗星の破片が見えるそうだが、素人でも見えるのかな?破片が地球に落ちてくるなんてことはないだろうな。

      =================================================================
      ISON Slowing Down & Spreading Out! ISON Meteor Shower 12/25/13 To 1/14/14!

      In this latest video from Dahboo7 we learn that Comet Ison has slowed down dramatically! Dahboo also shares that it has fanned out and will be approaching earth at a slower pace. Most models are showing it on track because, according to our videographer, they have no clue just from Lasco video alone. Will ISON live up to expectations afterall and give us a show beyond our wildest imaginations or was NASA and the MSM right all along about this Comet that ‘turned to dust?’
      =================================================================

      | オカルト | 20:00 | comments(0) | - |
      11月22日 大地震?
      0
        JUGEMテーマ:予言
        明日、2013年11月22日(金)は関東で大地震だとかいう予測をネットで見かけた。人工地震なのか自然地震なのかはようわからんですが、気になってます。小笠原諸島の辺りで海底火山が噴火して新しい島ができたとかのニュースを見て。おお、これはやばいかもと思ってしまいました。

        地震、津波があっても、なんとか生き残れるように、頑張りたいなあ。どこか安全なところ無いかな。


        | オカルト | 20:01 | comments(0) | - |
        太陽磁場が数週間以内に反転
        0
          太陽の磁場が反転するだ。インターネットや人工衛星に影響があるかも知れないとのこと。でも特殊な望遠鏡で見ない限り、なんの変化も感じないのかな?太陽の光の色でも変われば変化がわかるんだけど、何かいつもと異なる現象はあるのだろうか。おもしろい予測があれば紹介したい。

          ==================================================================
          The Sun is About to Turn Upside Down (Sort Of)

          Every 11 years, the Sun's magnetic poles reverse themselves. That has big implications for satellites, global communications and even astronaut safety

          Big changes are about to occur on the Sun. Anything that happens on the Sun is big of course?especially to the pipsqueak planets that orbit it and, at least in the case of Earth, depend on it for life. But this time the changes are big even by solar standards: The Sun’s magnetic field is about to flip upside down, its opposing magnetic poles switching places?north to south, top to bottom. It’s as though you took a bar magnet and rotated it 180°, except it’s the magnetism that rotates, not the magnet?and the magnet in this case is a million miles (1.6 million km) across, has a surface temperature of about 11,000°F (6,000°F) and weighs about 2,000,000,000,000,000,000,000,000,000 tons, give or take. So definitely big.

          It’s hard to say exactly when the reversal will happen, but it’s been slowly unfolding since the summer. Scientists won’t know for certain if the flip is complete until December 7, when the south solar pole, which we currently can’t see due to the inclination of the Sun, comes into view. When that happens, astronomers will be ready with some of the best solar telescopes they’ve got: the powerful Wilcox Observatory, operated by Stanford University; the McMath-Pierce Solar Telescope in Arizona; and the space-based Solar Dynamics Observatory and Solar & Heliospheric Observatory (SOHO). And what they learn about the still-mysterious inner workings of the Sun could have implications for global communications, satellite operations and even the health and safety of human beings in space.
          ==================================================================

          | オカルト | 20:00 | comments(0) | - |
          ピラミッド型のUFOが世界中に現れる
          0
            ピラミッド型のUFOが世界中にあらわれているとか。楽しみだなあ。UFO乗りたいです。もし乗り方知っている人がいれば教えて下さい。乗船チケット売ってないかな。


            Invasion Of Diamond UFOs, Seen Around The World, Italy Is Hotspot

             
            | オカルト | 20:00 | comments(0) | - |
            アメリカ:ある大事件、中国との関係
            0
              JUGEMテーマ:予言
              いろんな予言によると、これからアメリカが関連する何か大事件が発生するような感じ。いったいなんだろう。この前騒いでいたデフォルトかなと思っていたけど違うようですね。予測される危機には対応できるので、一般的には予想しにくいか、確率の低い事象がおきるのだろう。何だろうか・・・とうとう大統領暗殺か?シリア攻撃?イスラエルがイラン攻撃?うーん、これぐらいだと予測できる範疇か。アメリカのクーデター?内戦?大規模暴動?
              いや、アメリカ国内で起きるとは限らないか。中国国内でアメリカが民主化運動を急に扇動しはじめて、アメリカー中国の関係が悪くなるとか?中東でたくさんやって練習いっぱいしたので、中国で民主化運動を先導するのもうまくできるかもね。また、天安門事件のようなことが再度起きない事を祈る。

              その後、中国とアメリカの間で大きな問題が発生して、貿易がとまる。中国がアメリカ国債を購入しなくなる。等の予測等がみられる。株式市場に異常な値動きが無いか確認すると何かわかるかもしれません。

              何も悪いことが起きないようなら、世の中が少しづつですが、安全な方向へシフトしていけるのかもしれない。

               
              | オカルト | 20:00 | comments(0) | - |
              ジョセフ ティテル 予言 9/20~27 2013 何があったか?
              0
                JUGEMテーマ:予言
                9月27日過ぎたようだけど、特に何も大きな変化無いような気がするなあ。しいて挙げればパキスタンの地震のあとに沖に急に島が浮上したことかな?あとは阿蘇山とか、イタリアの方でも何か火山活動か、地震か何かあったかな。これらが今後なにか大きな影響を与えるのだろうか?
                地震とか火山は活発になってきているので、今後より大きな地質学的な事件は起きてくることだろう。暉にしておくのは悪いことではなさそうだ。

                でも、まあ今回の予言の文章からすると明確に当たったと言えるような事件は特に無い気がする。また次の予言で気になるものでも探すかな。
                次はアイソン彗星関連で何か興味を引く内容があるか調べてみるかな。

                 
                | オカルト | 20:00 | comments(0) | - |
                幻日とは?:ニビルや太陽の伴星・分裂、その他と間違わないように
                0
                  JUGEMテーマ:科学
                  たまに太陽が2個以上見えたと報告があるけど、特定の地域だけしか見えないのっておかしいよな。地球と太陽との距離を考えると特定の地域だけで太陽が2個に見えるのは変だ。CGかなにかで作成しているのだろうか?また特定の時間だけ見えているのも変だ。
                  何か未知の科学現象なのだろうか。そろそろ日本でも太陽が複数に見える現象が起きても良いかと思うのだけど、どうだろうか?9月末ごろから未知の天文現象が起きるのではないかなあ。まあ待っていればいずれわかるか。しばらくは空をよく見ることにしよう。

                  幻日という現象があるらしいが、いままでみた太陽が2個以上の写真は、だいたいが大きさのかなり違う太陽だし、幻日の写真と比べると明らかに違うのがわかる。いったいあの小さなおまけみたいな太陽はなんだろうか?太陽に何かつっこんでいるのか?それでも特定の地域・時間だけ見えるのはやはりおかしい。ただのCGなのだろうか。

                  ==========================================================
                  http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2432.html
                  ※註 幻日 (げんじつ) とは、太陽と同じ高度の太陽から離れた位置に光が見える大気光学現象。通常、太陽から約22度離れた太陽と同じ高度の位置に見えますが、これは雲の中のの氷晶(六角板状)は落下時にほぼ水平になり、ここに太陽光が入射して太陽がもう1つ見える。尚、月に対して同様なのが幻月 (げんげつ) 。

                  幻日を見分けるポイントは、「太陽に近い側が赤色、遠い側が紫色」となっていることですが、これはプリズムを通過した光がスペクトル分解したのと同じ現象で氷晶がプリズムの役目を果たしています。あと幻日の場合、太陽との乖離距離は氷晶がどこにあるかによって変わってきますが、大きさが元の太陽と同じぐらいになる点ですね。
                  genjitsu2-20121006121855e27s.jpg 

                  ===============================================================


                   
                  | オカルト | 20:00 | comments(0) | - |
                  ジョセフ ティテル 予言 9/20~27 2013
                  0
                    JUGEMテーマ:予言
                    ジョセフティテルの予言によると2013年の9月20〜27日の期間は地球にとってとても重要な時らしい。何か大きな変化があるということだろうか?

                    | オカルト | 20:02 | comments(0) | - |
                    太陽が2個見える。ニビル?幻日?
                    0
                      JUGEMテーマ:科学
                      太陽が2個現れる現象がアメリカ?で撮影されたようです。正確な場所はわかりません。ニビルかな?といっている人が多いようです。ニビルって恒星のように光っているのか?ようわからんです。
                      http://www.youtube.com/watch?v=FzJcBPy4FHc

                      去年ぐらいから太陽が2個見える現象が多いですね。幻日だとよく解説されていることが多いですね。光の屈折現象でなるとか。確かに雲がある状態で太陽が2個になっているのが多いので、特殊な光の屈折現象なのかもね。
                      暫く待っていれば、ニビルかどうかわかるかな。楽しみだ。太陽は2個よりもっと増える可能性はないのかな。4個ぐらいにまで増えるかもよ。
                      と思ってたら、下記に太陽が3個になっている写真があった。オーストラリのメルボルンみたいだ。どんどん増えるかな。
                      http://revelation12.ca/
                      Melbourne-31-224x300.jpgNibiru-Picture-3-225x300.jpg

                      そういえばアイソン彗星はどうなっているのかな。そろそろ少しは見えるのだろうか。アイソン彗星ネタも少し調べてみるかな。


                       
                      | オカルト | 20:01 | comments(0) | - |
                      << | 2/3PAGES | >>