CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
ARCHIVES
にほんブログ村 その他ブログへ
↑クリックをお願いします。
CATEGORIES
<< BAGLIO CURATOLO | main | イスラエル外務省 ストライキ 戦争準備か? >>
台湾の学生らが国会を占拠 中国に組み込まれることに反発
0
    JUGEMテーマ:戦争・紛争
    台湾で学生らが国会を占拠して、成立すれば実質中国に組み込まれることになっていく法案の成立を阻止している。台湾も段階的に中国に組み込まれていくことになるのかな。時間をかけて政治的に中国と同化して、次は中国の自治区、次は一地方として完全に中国になっていくのだろうか。
    台湾が中国に飲み込まれるのが先か、中国が分裂するのが先かの違いだろうか。台湾の政治は難しいだろうなあ。これまで何とか中国に組み込まれなかったのも優秀な政治家が何人かいたからだろう。ただ長期間中国から独立を守るのは難しいだろうな。日本は支援したいところだが、日本の政治・軍事は制限されていて、公式の支援がほぼ何もできない状況ではないだろうか。
    台湾人にとって台湾が中国の一分になることは、いいのか悪いのかわからないなあ。東アジの国が仲良く連携できたら強い地域になるのだろうけど、大きな国、国債組織としてまとまるのは、まだまだムリだろうな。東アジアの中で戦争して各国が疲弊していくのがもったないないが、どうしようもない。

    ===引用==========================================================================
    台湾、国会占拠を継続 学生ら政権に回答要求

    2014.3.20 19:13
    中台サービス貿易協定の撤回を求め、立法院の議事堂を包囲して座り込みを続ける台湾の学生ら。馬英九総統の謝罪などを要求した=20日、台北市内(吉村剛史撮影)

    台湾と中国が昨年結んだ「サービス貿易協定」の承認を阻止するため、18日夜から立法院(国会)の議場を占拠している台湾の学生らは20日、協定撤回要求に21日正午までに回答するよう馬英九政権に求めた。

    立法院周辺にも各地の学生や野党、民主進歩党(民進党)関係者ら多くの支持者が集結。演説や歌を交え「中国に有利な協定を撤回し、台湾の民主社会を守ろう」と気勢を上げた。

    江宜樺行政院長(首相)は20日の談話で「遺憾」を表明。速やかな秩序回復や衝突回避への努力を関係当局に求めた。一方、協定の承認法案可決を目指す与党、国民党は警察による強制排除を呼び掛けた。

    議場を占拠している学生らは入り口をいすなどでふさぎ、警官ら当局者の立ち入りを防いだ。関係者が段ボールなどで水や食料を運び、記者の立ち入りも受け入れた。(共同)
    ===引用終==============================================================
    | 政治・経済 | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック