CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
にほんブログ村 その他ブログへ
↑クリックをお願いします。
CATEGORIES
<< STAP細胞 記者会見 感想 | main | STAP細胞 小保方氏 捏造・・・ 印象操作 >>
STAP細胞 小保方氏 捏造・・・ どうして自ら問題を大きくしていくのか・・・
0
    STAP細胞の小保方氏の疑惑を物証に基づいて検証しているサイトがあった。これらのデータは小保方氏自身の手で世間に公表されているデータで誰でも取得できるものである。下記の検証を見たところ、どう受け止めても不作為のミスで生じたでデータのミスではなく、意図的にデータを捏造した形跡が多く見られた。
     小保方氏は少しミスをしただけで、改竄の意図はなかったとの意見の方も多くおられるようだが、下記のウェブサイトだけでも作為的に無関係のデータを転用してごまかしている物証がたくさん認識できた・・・・残念ながら小保方氏を擁護する根拠は全くみつけることができない・・・小保方氏自身で問題を大きくしているが、自分の首を締めているように感じる。理研と対決姿勢を示したり、記者会見などせず、静かにしていれば、彼女自身の辞職だけでこの問題は終了したのかもしれませんが、彼女自身で法的に問題を大きくしているので、正式に法的な処分を行うまで追求せざるを得ない状況になったかと思います。

     個人的な感想ですが、彼女自身で公表しているデータに多くの改竄点が見られることから確信犯的に行った事は明白と判断され刑事/民事両方で訴追される状況にまでいってしまうかもしれません。
     今の小保方氏は専門外の人の同情を得られるように、周囲の嫉妬や陰謀で、些細なミスを基にSTAP細胞が潰されかけているかのように公言しているだけで物証を示さない状況であり、共著者、他の専門家も彼女を支持していない。また過去に彼女自身が作成したデータで捏造の証拠となっているものが多数公開されており、この問題が注目されている時間が長いほど彼女の主張を信じる人は減っていくだろうと思います。

     悲しい事件です。

    =========================================================================
    小保方晴子のSTAP細胞論文の疑惑

    小保方晴子 (おぼかたはるこ、1983年生 )氏は、日本の細胞生物学者。理化学研究所発生・再生科学総合研究センター・細胞リプログラミング研究ユニット・ユニットリーダー。弱酸などの外部刺激で体細胞を初期化することにより、胎盤組織を含む全ての生体組織分化できる多能性を持った細胞(STAP細胞)の作製方法を世界で初めて発表した。しかし、彼女の論文には不適切なデータの処理・加工・流用、そして、文章の剽窃などが認められることから、その研究内容の正確性に疑惑が向けられている。

    <以下、具体的に小保方氏自身が自ら公表した論文データに基づく検証の詳細が記載されている>

    =========================================================================

     ただ小保方氏の行動の問題とSTAP細胞の真偽は別に考える必要があるでしょうが、たとえSTAP細胞のような現象を再現できたとしても、小保方氏が発見者とはとても言えないほどひどい論文データだと判断されるのではないでしょうか。その時はハーバードのバカンティ教授がでてくるでしょうね。もともと彼がSTAP現象があるかも、と長年の経験から感じていたようだし。ただその再現条件はまだわからないし、なんらかのコンタミであるか、ゲノムが変異しまくっている特殊な培養細胞だけで起きるかなり低い頻度でおきる病的な事象なのかよくわからない状況なのでしょう。特許はバカンティ教授が抑えているようだし、お金は彼に主に流れるのかな?理研の取り分もあるのかな?

     またこれら問題とは別に、理研の人事の問題も、この際に解明していかないといけないと思います。どのような経緯で小保方氏が理研のユニットリーダーにいきなりなれたのか?税金を収めている人々に知ってもらう必要があるでしょう。

    【送料無料】 ハルカトミユキ / 虚言者が夜明けを告げる。僕達が、いつまでも黙っていると思う...
    サイエンスジョーク 笑えたあなたは理系脳 / 小谷太郎 【単行本】
     
    | 科学 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://wawiwuwewomemo.free-time.jp.net/trackback/49
    トラックバック