CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
にほんブログ村 その他ブログへ
↑クリックをお願いします。
CATEGORIES
<< ネズミ駆除:チュートルマン:ネズミ処分方法(ドアが閉まりチュートルマンからネズミが出せない!への対処) | main | ルンバ:ルンバ871をなんとなく使った感想 掃除 >>
車:ドライブレコーダー(DRY-ST6000d)+マルチバッテリー(OP-MB4000)、運転・駐車記録
0

    駐車監視機能が良いドライブレコーダー DRY-ST6000dメーカーリンク)の使用感想レポート。

     

    ドライブレコーダーDRY-ST6000dを”運転・駐車時の映像記録をとること。当て逃げ防止や、事故時の手続きで面倒なことを少しでも減らす目的で購入した。

     

    ドライブレコーダー DRY-ST6000d + マルチバッテリー(OP-MB4000) + 専用接続ケーブル(OP-CB5R)の評価:

     

    * メリット
    − 最大12時間の駐車記録に対応。
    − ドライブレコーダーがマルチバッテリーからの電源供給により、駐車記録を行うため、車両バッテリーが上がらない。
    − 自宅などの駐車記録が必要ないエリアを設定できるキャンセルエリア登録機能。
    − バッテリー、SDカード容量の消費を抑える。
    − 日本製・3年保証。
    ― Gセンサー記録:衝撃前後の映像を専用フォルダに記録。
    − HDR(ハイダイナミックレンジ)搭載
    − GPS搭載。位置の記録、時刻自動補正。
    − エンジンON/OFFに連動した自動記録。手動記録にも対応


    * デメリット
    − 製品/オプション代金、取り付け費用が高い。
    − ドライブレコーダーだけよりも、取り付け費用が少し高くなる。(交渉次第かもしれません)
    ー 製品寿命:3年ぐらい?他のユピテル製品をみてると3年ぐらいで壊れて使えなくなるものが多いようだ。内臓バッテリーがあるものは、バッテリーが劣化、膨張してだめになることが多いようだが、このモデルは内臓バッテリーが無い?ので、もじゅ少し持つだろうか?価格が高くなるので、10年ぐらい壊れずに動作して欲しいところだ。
     

     

    必要なもの:価格は2017年7月ごろのもの。

     − DRY-ST6000d:ドライブレコーダー本体:28,000円

     − OP-MB4000:マルチバッテリー:19,950円

     − OP-CB5R:接続ケーブル(約4m):2,160円

     − SDカード32GB:1,599円

      (microSDカード16GBが付属している。SDカード上限:32GB(公式)。I-O DATA ハードディスクフォーマッタ等を使用してFAT32フォーマットすると200GBのSDカードが動作するとの報告もある。しかし、そのSDカードが3回ぐらい上書きされたら動作しなくなったとの報告もある。難しそうなので、とりあえずは32GBを使用することにした。下記の東芝のSDカード)

     

     

    取り付け作業:

     − カーディーラー取り付け作業費:12,000円

      − オートバックスやイエローハットだともう少し安くなる。

      − カーナビの盗難防止ロックがついている場合はロックのカギも持参したほうが良い。電源・映像コードの付け替え作業等に必要。

      − OP-MB4000:マルチバッテリーは助手席シートの下に設置するのがベスト。付属のマジックテープで助手席シート下に設置して、必要であればマジックテープをはがして、設定作業ができる。

      − OP-MB4000マルチバッテリーのディップスイッチは、DRY-ST6000dを使用するのであれば、ディップスイッチ4をOFFにする必要がある。1〜4のディップスイッチを全てOFF(初期状態)で、DRY-ST6000d問題なく使用できている。

     最初間違って12時間設定(1〜4のディップスイッチを全てON)で使用していたが、これでも問題なく利用できていた。特にバッテリーが大量消費されるということもなかった。取り付け作業を行うメカニックの人も、個別のドライブレコーダー、バッテリーの設定までは知らないことが多いので、自分で説明書を読んで設定内容は事前に決めておく必要があるだろう。

     

    取扱説明書 OP-MB4000 - My Yupiteru

     

     車により違うだろうが、車のエンジンを3時間かけてマルチバッテリー(OP-MB4000)を充電 すると、ドライブレコーダー(DRY-ST6000d)の駐車監視機能が12時間動作する計算になる。運電時間の4倍ぐらいまで駐車記録できる量の充電がされるようだ。つまり、(駐車監視記録可能時間)=:(運転時間) x 4  なので、下記設定で運用している。今のところバッテリーも持っている。

     

    駐車監視記録時間:1〜2時間 x 1回

    運転時間:1日30分を週に5日ぐらい。

     

    キャンセルエリア登録機能はGPSによる位置確認を行っているので、GPSが動作しない環境では、キャンセルエリア登録機能は動作しない。その場合は、マニュアルで録画キャンセルを行うか、なにもしないでほっておいて録画するかになる。


     

    DRY-ST6000d-Amazon

     

    DRY-ST6000d最安値 楽天

     

    東芝 超高速U3 4K対応 microSDHC 32GB

     

     

    JUGEMテーマ:ドライブレコーダー


     

     

    | | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://wawiwuwewomemo.free-time.jp.net/trackback/419
    トラックバック