CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
にほんブログ村 その他ブログへ
↑クリックをお願いします。
CATEGORIES
<< エネループ単3充電電池 | main | WHO インフルエンザはワクチンで予防できないと発表 >>
かご式ネズミ捕りでネズミ捕獲
0
    かご式ネズミ捕りの中にしかけておいたピーナッツが食べ逃げされている。うーんやられたなあ。寒くて餌も少ないからネズミもリスクを犯して罠の中に入ってくるんだろうなあ。

    今度はピーナッツをしっかり罠の中の針に結びつけるために、ピーナッツをサランラップで巻いて、引っ掛けて、セロテープで更にひっつけた。

    罠は以下の様なよくあるかご式ネズミ捕りです。

    3日ぐらいするとネズミがかかってました。かわいそうですが、病原菌をまかれても困るので成仏してもらいました。ネズミの種類を把握する為に写真をとっておきました。成仏されて濡れている状態ですが、種類がわかるでしょうか?多分クマネズミかと思いますが、自信はないです。全長は40cmぐらい、しっぽ以外の部分は15〜20cmぐらいでした。


    今回はかご式ネズミ捕りをスーパーの白い袋の中に入れて、横に穴を開けておきました。こうしておくとネズミがかかりやすいのと、後処理がかなり楽になりますので、初心者にはオススメです。
    チュートルマンには最近ネズミがかからないので、罠だってバレているのだろうなあ。今度はチュートルマンにも上記のピーナッツ+ラップをセットしておきました。こうしておくと、チュートルマンからピーナッツが転げ落ちないし、餌をセットしやすいです。やはりチュートルマンの方がネズミを捕獲した後の処理はかなり楽です。できればチュートルマンで捕まえたい、ネズミを見なくて済むのは精神的だいぶ楽。

     

    ★チュートルマン最安値リスト(楽天)★

     
    | ネズミ駆除 | 20:00 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする