CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
にほんブログ村 その他ブログへ
↑クリックをお願いします。
CATEGORIES
<< コンビニで安く証明写真の写真印刷をする方法 | main | 折り紙のバラのプレゼント >>
余命三年時事日記 書籍化 日本−韓国−北朝鮮−中国−アメリカ−在日(特別永住者)の政治活動
0
    日本国内・周辺におけるアメリカ、中国、韓国、北朝鮮、在日、特別永住者等の政治・非合法・特殊活動を公にしてきた余命三年時事日記のブログが書籍化された。今までは政治的、暴力的、経済的な圧力で公になることがなかったこれらの情報がインターネットの登場により、表に出てくるようになった。この書籍は特に今ままで政治に関心がなかった日本人にとってこそ興味深い本となる。この余命三年時事日記を、書籍で購入するメリットとしては、きれいにまとめてくれていて無駄な時間が少なくなる、読みやすい、作者団体への応援になる、政治・ネット記事に関心が薄い層への宣伝になる等のメリットがあるかと思う。

    この記事を読むと、戦後から今までの日本がかなり外国勢力にいいように食い物にされてきているかがよくわかる。敗戦国が故に社会の崩壊〜再生の過程で多くの矛盾した、不合理、不公正な政治制度が多く残っているのだろう。日本が再生することはこれからできるのだろうか、はたまたどこかの属国である度合いが高まり、グローバリズム、非差別、平等の名のもとに日本国は自然消滅するのか、どのようになるのかはわからないが、これからの日本国民の動静、日本の支配層の政治手腕を、客観的に見ていきたい。



    余命三年時事日記のKindle化(電子書籍化)リクエスト

    ===引用============================================
    内容紹介
    この妄想ブログは、100%現実化してきた! 

    余命三年を宣告されたブロガーが、残された人生をかけて、左翼や在日が知られたくない情報を暴露。
    一度閉鎖され、その後復活したこともある不屈のブログがついに書籍化! 
    日韓、在日に関するさまざまな問題を暴き、今後の展開を正確かつ大胆に予測。

    〈目次〉
    序文 余命3年と宣告されて
    第1章アメリカも一目置く日本
    アメリカが世界で一番警戒しているのは日本だ/アメリカは日本の何を警戒しているのか/アメリカの苦慮と対日観の変化/日本とアメリカ、それぞれの「正義」

    第2章 韓国の崩壊
    韓国外交破綻へ一直線/駐留米軍「ゼロ」が意味するもの/第一次安倍内閣時代の極秘交渉をあらためて読み解く/中韓通貨スワップ協定もあてにならず/UAE原発建設問題/韓国が隠蔽遮断した情報

    第3章 在日の終焉
    改正入管法で追い詰められる在日/在日韓国人徴兵が進行中/在日特権廃止に向けて/マイナンバーと在日特権/動き出した国税局/マイナンバー受け取り拒否をする人々/公安資料流失/新大久保嫌韓デモ/生活保護もあてにならず/ヘイトだヘチマだと叫んでも

    第4章 在日韓国人への警告
    反日感情の裏にあるのは日本人への恐怖心/事実を知れば全日本人が大きな復讐心を持つことに/テロ資産凍結法/ネット銀行口座凍結/もう悪いことはできない! 10万単位の凍結口座が存在⁉/在日が頼みとする司法の壁も必ず崩壊する/反日在日は有事になれば「外患罪」で全滅だ

    第5章 通報祭り│日本人の逆襲
    余命プロジェクトチームからTO君へ/入管通報用 自動通報ソフト/集団通報の目的と意味

    第6章 余命1〜40号

    番外編 日韓戦争
    日韓戦争は起きるのか/現状と戦後史/日本の態勢/日本の態勢/韓国の態勢/戦争の見通し/戦争の後始末とその後

    エピローグ 日本人の民度と国家間の優劣

    内容(「BOOK」データベースより)
    余命三年を宣告されたブロガーが、韓国や在日、サヨクが知られたくない情報を暴露。今もっとも注目のブログを書籍化!
    ===引用終わり===============================================
     
    JUGEMテーマ:国際社会

    | 政治・経済 | 07:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://wawiwuwewomemo.free-time.jp.net/trackback/369
    トラックバック