CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
にほんブログ村 その他ブログへ
↑クリックをお願いします。
CATEGORIES
夢日記:関東大震災 東京湾で大地震 2017年9月1日、x1日
0

    見た夢の記録:(予言ではありません。自分の夢分析用に記録)

     2016年9月1日または11、21日?(なんか最後に1がつく日だった)夕方に大地震があった。東京都内はひどい状況。停電、断水でこまっていた、ガスはわからない。何故かスマホでインターネットは繋がったので、確認すると震源地は東京湾岸らしい。地震発生時間は17時ぐらい。アクアラインが一部倒壊したようだ。アクアライン近くが震源地なのか?すぐに津波が東京湾岸にきた。津波でやられて、車が流されている。どこかの川(江戸川?)沿いの津波被害はひどい。埋立地はめちゃくちゃ。しばらくすると火事がたくさん発生。皆、なんとか徒歩で避難している。

     なぜか場面が変わって自宅に帰ってテレビを見て被害状況をみている。海外でも大ニュース、経済混乱、中国が日本に侵攻してきて、アメリカ軍と睨み合いになってるとかのニュース。しばらく関東から避難することを考えていた。

    [終わり]

    ーーーーーー

     

     夢のなかでは、ひどい状況だったが、なぜか結構落ち着いていた。現実逃避願望の現れとかだろうか?TVの防災予測番組のような感じの夢だったので、TV番組を思い出していたのだろう。生活の不安の現れかな。

     


    | 科学 | 14:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
    とうとうイエローストーン(Yellowstone)が噴火?
    0
      JUGEMテーマ:予言
      とうとうイエローストーン(Yellowstone)が噴火か?2015年2月中に噴火するとの予測か。半径500マイル程度の被害では、アメリカの大きさから考えると大したことないかな。日本だと壊滅だろうけど。でも噴煙とか塵で日照が減って寒くなったりはするんだろう。食糧危機か。日本も自給率挙げないと。今後の国際情勢にどんな影響があるだろうか。噴火規模が大きければ金融崩壊もおきるだろう。ロシアも一気にウクライナを占領しにくるだろうか?イエローストーンの動向はしばらくチェックだな。でもわかっていても逃げる場所とか無いよな。火星に逃げれるわけでもなし。

       イエローストーンが噴火した場合は、かなり広範囲に降灰のひがいがあるそうだ(下図)。アメリカ西海岸はかなり影響あるな、噴火の間はアメリカの軍事力も下がってしまうだろうな。噴火で灰が降ってくる間って、レーダーとか正常動作するのかな?電子機器とか送電線は影響をうけるようだ。農作物もだめだな。日本はアメリカに食料をかなり依存しているので心配だ。他の国から買い付けしておかないと。てか北半球全土で不作だから、どの国も外国には食料を売らないだろうな。

      ==================================================
      イエローストーンの巨大火山 2週間以内に噴火の恐れ

      イエローストーン国立公園の下にある巨大火山が、2週間以内に噴火する恐れがある。2002年からイエローストーン国立公園で活動している地質学者のハンク・ヘスラー氏が、1月25日に発表した。 ヘスラー氏の予言が当たるか否かは誰にも分からない。 一方で、イエローストーン公園の火山の活動は、最近いちじるしく高まっている。
      同公園では昨年2014年、1900回以上の地震が記録された。 噴火が起こった場合、震源地から半径100マイル圏内の生き物が全滅し、半径500マイル圏内では、全ての建物や生き物の90パーセントが被害を受ける恐れがあるという。
      ===================================================


      ================================================
       What would happen if the Yellowstone supervolcano actually erupted?

      Among other things, they found the volcano was capable of burying states like Wyoming, Montana, Idaho, and Colorado in three feet of harmful volcanic ash — a mix of splintered rock and glass — and blanket the Midwest. That much ash could kill plants and animals, crush roofs, and short all sorts of electrical equipment:
      yellowstone super-eruption ash

      =============================================================
      | 科学 | 09:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
      WHO インフルエンザはワクチンで予防できないと発表
      0
        JUGEMテーマ:科学
        かなり昔から証明されているのだが、インフルエンザはワクチン打っても全然予防できないとWHOがやっと発表した。感染率は変わらないが、重症化しにくとかいっているが、なんら科学的実証データはなく、ただの憶測のようだ。元記事のほうは圧力がかかったのか追加取材中になっているなあ。多分、医師会や製薬会社、医療系官僚の政治力で、訂正記事欠かされるんだろうなあ。

        インフルエンザの鼻から吸い込むワクチンが新しく出ていて、経鼻インフルエンザワクチン”フルミスト”とかいうのがあります。これはちゃんと抗インフルエンザウイルスのIgAが粘膜上にできるので、ちゃんと予防効果あるようです。しかも注射のインフルエンザワクチンのような重篤な障害が残る副作用がない。今よくある注射するタイプのインフルエンザワクチンは粘膜上に抗インフルエンザの抗体がまったくできないので、何の役にも立たない。それで障害がでる可能性のあるワクチンを日本中の人に打つなんて何を考えているんだろう。群馬の医師会かなり前に大規模調査でインフルエンザ効かないことを証明したデータがあるにもかかわらず、インフルエンザワクチンを広く薦めるのはおかしいだろ。
        前述のフルミストはまだ日本では認可されておらず、一部の病院で輸入して自己責任で病院で接種してもらうようです。

        ー 現在は、上記の記事は消されて”追加取材中”となってます。どこからの圧力だろうかな?



        ===引用==============================
        WHO、インフルエンザはワクチンで予防不可と結論 病院は巨額利益、接種しても感染多数
        http://biz-journal.jp/2015/01/post_8689.html

        ●ワクチンには予防効果がない
        その一方で、東京都内で内科医を開業する医師は、ワクチンそのものに疑問を投げかけている。

        「世界保健機関(WHO)のホームページを見ても、『ワクチンで、インフルエンザ感染の予防はできない。また有効とするデータもない』 と書いてあります。
        そもそも、インフルエンザはA香港型、Aソ連型、B型などと分類しますが、同じ型であってもウイルスは細かく変異を続けているため、 ぴったりと当てはまる型のウイルスを事前につくり出すことは事実上不可能です」(内科医)

        つまり、流行するウイルスの型を正確に予測することはできないのに、ワクチンを製造して希望者に接種しているということになる。
        「インフルエンザ予防にはワクチンが有効だと考えている人は多いですが、はっきり言って妄想です」(同)

        ではなぜ、効果がないにもかかわらず、ワクチン接種が定着しているのだろうか。その理由について前出の内科医は次のように述べる。

        「ワクチンは毎年約3000万本製造されています。また、巨額の税金をつぎ込み、輸入もしています。 5年前、国内の在庫が足りずに慌てて輸入したところ、ワクチンが届くころにはインフルエンザが終息し、 大量の在庫を抱えたことがありました。毎年一定量のワクチンを使用することで、 備蓄量をコントロールしたいとの政府の思惑も働いていると考えられます。
        また、インフルエンザがはやる季節には、ワクチンだけで小さな病院でも数百万円、 大病院では数千万円の利益になります。病院にとってワクチンは安定収入を得る手段になっているのです」

        -------------------------------------------------------------------------
        クローズアップ現代 2014 : インフルエンザ ワクチン 効果なし NHK
        https://www.youtube.com/watch?v=ZjoPKWZ0ypA

        -------------------------------------------------------------------------
        【医療利権】世界保健機関(WHO)、インフルエンザはワクチンで予防不可と結論!接種しても感染多数!ワクチンで病院は巨額の利益! new!!
        <a href="http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5289.html">http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5289.html</a>

        -----------------------------------------------------------------------------
        痛くない!効果抜群!経鼻インフルエンザワクチン フルミストが凄すぎる
        <a href="http://matome.naver.jp/odai/2141119607858062301">http://matome.naver.jp/odai/2141119607858062301</a>

        ========================================================================================
        | 科学 | 20:00 | comments(0) | - |
        巨人の足跡 でかい 南アフリカ
        0
          巨人の足跡だーー。でかいなあ。
          これをみて昔は地球の重力がいまより大分弱かったんだろうなと思った。今と同じ重力だとしたら、これだけ大きな生命体の上の方まで、体液を輸送するにはかなりの圧力が必要だろう。今の生物と同じようにタンパク質でできた組織はそんなに高圧力には耐えられないから、巨人がタンパク質でできていたならば、いまよりももっと低い重力でないと体が崩壊するだろうと想像した。恐竜もおなじぐらいのサイズあるわな。恐竜がいた時代はかなり重力低かったのかな?いつかわかる日が来るだろう。

          Giant Foot Print 200 Million Yrs Old - South Africa
          | 科学 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
          アットノン 傷跡治療実験
          0
            JUGEMテーマ:健康
             アットノンという薬で傷跡が消えるそうだ。やけどや怪我の傷跡に効くみたいだ。年齢・部位・傷跡の状況によりちがうだろうが、自分にどれぐらい効くのか試してみることにした。  以下の傷跡に毎日塗布してみることにした。他の人の体験談を読んでみると、効果が現れるには3,4ヶ月塗布し続ける必要があるようだ。 2014年6月26日から、傷跡への薬の塗布を開始。1日1~2回腕の傷跡に塗布してみることにした。10年以上前の怪我の傷跡だけど、効果あるだろうか?またしばらくしたら結果報告します。(アットノン 傷跡治療実験 結果)時間あれば。 腕の傷跡1:1cmぐらいの傷跡。  



            腕の傷跡2:1cmぐらいの傷跡  


            使った薬:

             アットノンと同じ薬効成分(ヘパリン類似物質)が入った病院でもらえる薬にヒルドイドがある。ヒルドイドは処方箋が必要。ヒルドイドソフトという同類の商品だと薬局で処方箋なしで売っているそうだ。 アットノン - ヒルドイド 比較 attonon_hikaku.png 薬効成分濃度は同じなので、重量で単純比較すると、 アットノン:1000円/15g ヒルドイド:27.8円/g = 417円/15g  価格はかなりヒルドイドのほうが安いですね。あとヒルドイドのほうは健康保険もきくからもっと安い。ただ病院に行く手間と、診察代金、交通費などはかかりますね。少量買うだけならアットノンかな。大量に買うならヒルドイドを病院で処方してもらうのが良いのかな。ヒルドイドソフトはネットで販売しているのはみつからなかった。

            【プリマ傷あとジェルシート】やけどや帝王切開など、気になる傷あとのケアにはコレ!!原沢製薬 ...

            アットノン 傷跡治療実験 結果
             
            | 科学 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
            STAP細胞の再現実験に成功? 小保方氏?
            0
              そういえば、STAP細胞も再現できとかの発表が最近あったな。第3者ではなく小保方氏自身が再現したとのことだが・・・

              STAP細胞の真偽と小保方氏のデータ捏造問題は混同しないように、小保方氏はSTAP細胞の検証からは外れたほうが良いのではないだろうか? ここでSTAP細胞の存在が証明できたとしても、彼女がデータを捏造していた可能性が高いことは別問題として調査する必要があるが、ここでSTAP細胞があったことが証明されたら、陰謀や世間、マスコミからの圧力にも負けず、信念を貫き通した研究者とか再度もてはやされるのだろうな・・・ あの画像データの流用、無断転載、加工はちょっと・・・いや、かなり・・問題じゃあないかな?

              よほど彼女しかできない技術があれば、部分的に検証実験の指導するのは良いと思いますが、それもできるだけ他の論文共同執筆者に頼むほうが、よりSTAP細胞の信頼性が高まってよいかと。どうなることやら。また時間有るときにSTAP再現出来たと公言しているが、どのような実験結果を持ってそう言っているのか見てみたい。世間の注目を集めていたので、多くの人が検証していることだろう。
              まあ、STAPが検証できなくても、しばらくすれば、大きな戦争とか、災害のニュースで忘れられていくだろうが。
               


               
              | 科学 | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
              STAP細胞の真偽と小保方氏の捏造は分けて考える
              0
                STAP細胞の件もおおよそ材料がでつくしたところだろうか?下記のウェブサイトに詳細がある。
                小保方晴子のSTAP細胞論文の疑惑

                いろんな問題があるが下記の問題はそれぞれ分けて考えるべきだろう。意図的に混同させて考えようとするうごきもあるようだが、別の問題だと思う。いろんな問題がでてきたがSTAP細胞の検証は別途適切に行なって欲しい。

                STAP細胞の存在が証明されれば、小保方氏が無罪で正しいことが証明されるような論調があるが、それは間違いであると思う。STAP細胞の存在が証明されても小保方氏のデータねつ造問題は消えないし、彼女自身がデータ捏造は認めてないにしろ、かなり非常識な大きなミスを連発していることは彼女自身も認めているので、STAP細胞の研究から外れるべきであろう。普通に研究経験がある人からするとミスではなくて故意にやっていると感じるだろうし。

                ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                * 小保方氏の論文データ処理ミス
                  ー 論文データに多くの不備があることは小保方氏、共著者、理研等全ての人が認めており争点にはなっていない。

                * 小保方氏のSTAP論文データ捏造
                  ー STAP細胞の論文データに捏造があったかどうか争点になっている。明らかに意図的に行わないと起きないようなデータの取り違え、転用等が多発している。また後日差し替えた画像データも他からの転用であったり、捏造と言えるだけの物証がたくさんある。

                * 小保方氏のSTAP以外の論文データの無断転載(コピペ)問題。
                  ー 小保方氏の過去の論文に無断転載が多く見られた事が問題になっている。これは小保方氏自身も認めているが、不作為であり、問題の有ることとは知らなかったと述べている。これはSTAP細胞論文とは別に論じられるべきであるが、氏と氏の発表するデータの信頼性を大きく低下させることである。

                * STAP細胞の真偽
                  ー STAP細胞の再実験の検証が10件以上行われているようだが、成功したものはない。再現条件が厳しいのかもしれない。上記の小保方氏の論文データ捏造疑惑もあり、STAP細胞自体が捏造ではないかと見られることもある。存在しないことを証明することはできないので、検証は困難であるが、今後の理研での詳細な再実験に期待したい。

                * 理研の人事・経理問題
                  ー 他の研究者に比べて実績があまりない小保方氏がいきなり理研のユニットリーダーとなっている経緯や、研究費で高価な家具を購入するなどの問題。これも別途解明する必要がある。
                ーーーーーーーーーーーーーーーーー

                沖縄への旅行なら楽天トラベル
                | 科学 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
                STAP細胞 理研側の対応
                0
                  JUGEMテーマ:科学
                  STAP細胞の問題は、小保方氏が記者会見を独自に開くなどして世間の注目をより浴びるようになってきたため、理研側もより法的な対応をせざるを得ないのではないだろうか?
                   小保方氏はマスコミを通して世論に情緒的にアピールしていくことになるだろう。

                   理研側は物証をあげて捏造の証拠をあげていくことになるだろうが、ここで理研の方々にも下記のようなことを行ってもらえたらいいかなあと思いました。まあ実際にやるのは難しい部分もあるだろうけどね。汚職、不正人事、派閥争いの巣窟の理研とか言われないようにしないと。

                    ー 世論にわかりやすく簡潔に明快に捏造の証拠を説明すること。
                    ー 真摯で謙虚な態度で解説すること。
                      ー 上から目線で、わからないのは相手の知性が不足しているからだみたいな対応をしないこと。特に長年先生と呼ばれていて慢心している人は偉そうな態度がしみついており、自分では気が付かないので第3者に客観的に見てもらって練習した方がいいと思います。頭で分かっているのと、実際にできるのは違います。アカデミアの人は、国民からの税金や生徒からのお金で給料をもらって研究をやらせてもらっている事を認識した方がいいですね。先生は偉い存在だという認識では、プロとは言えず、いつまでも低い教育レベルです。
                    ー 世間の注目を集める裁判だと、判決が世論の流れで決まってしまうことも多いので、マスコミ対策をしっかりすること。
                    ー 理研の人事、研究、経理面での問題も、正直に公表し、具体的な対応策を発表すること。
                     ー 小保方氏を採用した経緯とか彼女のユニットの活動記録詳細も公表した方がいいかな。
                    ー 小保方氏以外に問題のある人員がいれば公平に処分すること。

                   本事件の対応は、今後の生物系研究者の研究意欲に大きく影響する事になると思います。

                  出前、宅配は楽天デリバリーから!
                   
                  | 科学 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  STAP細胞 小保方氏 捏造・・・ 印象操作
                  0
                    下記のサイトの仮説はよくできていると思ったので引用。

                    ー 小保方氏の記者会見
                     ー 小保方氏の記者会見は特に新事実の公表はない。
                     ー 特に物証・新事実の提示はなく、STAP細胞は再現すると意見表明のみ。
                     ー 今後の裁判で、世論を味方につけるための演出。
                     ー STAP細胞の作成は200回以上成功している。(具体的データ提示なし)
                     ー 他にSTAP細胞の再現に成功している第3者の研究者がいる。(所属・氏名は公表できない)
                     
                     うーん、200回も再現出来ているのなら、条件さえ揃えばどこか他の研究室でもできるのかもなあ・・・・・・ ん・・まてよ・・200回??動物細胞の培養って短くても1週間ぐらいかかるよなあ・・・・200週間・・・1年って52週間ぐらいか・・・のべ4年間ぐらいかかるのか、うーん大変だなあ、キメラマウス作るのだともっとかかるよなあ、いったいどんな再現実験したのだろうか?複数の実験を平行してやっていたとしても、かなりの量だね。なんか多すぎないか?誇張かな?いや具体的な数字でだしているので、なんかの実験の本当の回数なのかな。とか考えていたら下記の記事で説明がつくなと思った。

                     Oct4-GFPの確認実験だけで再現できたとはいえないのは、論文をまとめる段階で小保方氏自身か共著者が分かっているはずだが、専門外の人にはわからないと思ってそんな表現を使ったのかな。

                     話が大きくなってきたので、より詳細な説明がこれから求められるだろうが、その中で理研のエライさんや若山氏の発言に注目したい。理研の人たちはもう意図的な捏造であることは、はっきりわかっており、理研自身も被害者であるのだが、自分たちにも再現性をあまり確認しなかったとか人事面での負い目があるので、あまり事を大きくしたくなかったのだろうかと想像する。

                     しかしながら、小保方氏と異なり、若山氏や他の理研の所長等はは多くの実績も有るプロの科学者だ・・・ ここまで大規模に科学データ捏造をした者が世間に大々的に自分の無実をアピールし、理研側の圧力でSTAP細胞が潰されているような表現を公式にされている状況を黙ってみているだけなのだろうか?プロの科学者の自我は、保身よりも科学に対する真摯な態度が原点に有るのではないだろうか?私にはわからないが、あまり優遇もされない環境で何十年も特定分野の科学分野の研究を行ってきた人達が、小保方氏の記者会見の内容を黙認できるとは思えない・・・ 共同実験者達も真実を証言するべきだろう。

                    小保方氏も、その弁護士達も、感情に訴えて世論をいかに見方につけるかに注力しているように見えるが、物証をこれだけそろえられてどれだけ逃げきれるのだろうか?裁判官は物証よりも世論を優先するのかな?特に大事件では。国策捜査では証拠なんか関係ないようだし。ただ本件は芸能界相手の裁判とは違う。この問題を曖昧にして再発防止を図ろうとしないなら、理研や日本の生物学会の低レベル化が進むだろうな。みんなどう思っているのかな?特に理研の人は穏やかに心情になれないのじゃないかな?理研の人どう思っているの?理研の人の意見書いたブログ無いかな?現時点ではかけないかもね、もし、そうなら、理研を去った後にでもいろいろ意見を書いて下さいな。

                    =================================================
                    謎はすべて解けた!! それでも、STAP細胞は捏造です

                    「STAP細胞は200回以上作製に成功しており、真実です」
                    ・・・
                    STAP細胞ができた、ということは何らかの方法で細胞が万能性(=各体細胞に分化できる能力)を持ったことを確かめる必要がある。ここでそれらの方法は全てNature論文に書いてある。以下の3種類の実験だ。

                    1. Oct4-GFPの発現
                    2. テラトーマ
                    3. キメラマウス

                    ・・・

                    というのも、200回ということは、1週間毎に成功したしても、4年もかかるのだ! テラトーマを作るのもキメラマウスを作るのも数週間かかる。ちなみにテラトーマは小保方晴子自身の実験だが、キメラマウスは若山氏が小保方晴子から受け取ったSTAP細胞を使って実験している。ところが、Oct4-GFPの発現のチェックはすぐにできるのだ。つまり、彼女が「実験成功」と言っているのは、このOct4-GFPの実験のこと以外にありえないのである。

                    ・・・

                    たとえば、先日、香港の研究者が掲示板にバカンティのレシピに従ったらSTAP細胞の兆候が見えたと報告して、後に訂正したのはこの現象である。世界中の研究所で試みられたSTAP細胞再現実験もここまでは行っている。丹羽氏らが理研で小保方晴子とは独立にやっているSTAP細胞再現実験もOct4-GFP発現は確認している。

                    さて、この見せ掛けのSTAP細胞ではテラトーマはできない。しかし、彼女はES細胞を頻繁に使う若山研に最初は所属していたし、それ以後も若山研と共同研究をしている。ここでES細胞を使ったトリックでテラトーマを作ったのか? フッフッフ、そう思った読者はまだ彼女のことをよく理解していないようだね。

                    彼女の博士論文や今回のNature論文以外の論文にも様々な剽窃や企業サイトや他の論文の画像の流用が見つかっている。

                    小保方晴子のSTAP細胞論文の疑惑、11jigen

                    ES細胞を使ったそんなめんどくさい実験を彼女がするかって? テラトーマは彼女がひとりでやる実験だ。答えはもちろんノー、ノー。彼女は、博士論文の中で使ったテラトーマの画像をスキャンして、画像処理ソフトで加工した後に、Nature論文に載せたのだ。これが今回の理研の調査委員会で、捏造と判定された画像のひとつだ。

                    しかし、彼女はキメラマウスを作れない。おそらく笹井氏にキメラマウスも作成するように指示され、若山氏が協力するように要請されたのだ。ここで彼女は、STAP細胞をES細胞にすり替えて若山氏に渡すというマジックを披露したというわけだ。

                    若山氏が一連の小保方晴子のおかしなデータに気がついたあとに、自身が受け取ったSTAP細胞を第三者機関に送付して遺伝子解析をした。その結果、驚くべきことが判明したのだ。それはSTAP細胞を作ったとされるマウスのものではなく、ES細胞を作るためによく利用されるマウスのものだったのだ!

                    小保方晴子のSTAP細胞Nature論文と捏造問題の詳細 その3 テラトーマの画像使い回しとキメラマウスを作った若山さんの疑惑、2014年3月31日

                    これだけのことが全て偶然のケアレスミスで起こるのか?
                    ありえない。
                    ==========================================================================

                    【送料無料】 これからのバイオインフォマティクスのためのバイオ実験入門 実験の原理から理解...
                    【送料無料】世界に通じる科学英語論文の書き方 [ ロバート・A.デイ ]
                     
                    | 科学 | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    STAP細胞 小保方氏 捏造・・・ どうして自ら問題を大きくしていくのか・・・
                    0
                      STAP細胞の小保方氏の疑惑を物証に基づいて検証しているサイトがあった。これらのデータは小保方氏自身の手で世間に公表されているデータで誰でも取得できるものである。下記の検証を見たところ、どう受け止めても不作為のミスで生じたでデータのミスではなく、意図的にデータを捏造した形跡が多く見られた。
                       小保方氏は少しミスをしただけで、改竄の意図はなかったとの意見の方も多くおられるようだが、下記のウェブサイトだけでも作為的に無関係のデータを転用してごまかしている物証がたくさん認識できた・・・・残念ながら小保方氏を擁護する根拠は全くみつけることができない・・・小保方氏自身で問題を大きくしているが、自分の首を締めているように感じる。理研と対決姿勢を示したり、記者会見などせず、静かにしていれば、彼女自身の辞職だけでこの問題は終了したのかもしれませんが、彼女自身で法的に問題を大きくしているので、正式に法的な処分を行うまで追求せざるを得ない状況になったかと思います。

                       個人的な感想ですが、彼女自身で公表しているデータに多くの改竄点が見られることから確信犯的に行った事は明白と判断され刑事/民事両方で訴追される状況にまでいってしまうかもしれません。
                       今の小保方氏は専門外の人の同情を得られるように、周囲の嫉妬や陰謀で、些細なミスを基にSTAP細胞が潰されかけているかのように公言しているだけで物証を示さない状況であり、共著者、他の専門家も彼女を支持していない。また過去に彼女自身が作成したデータで捏造の証拠となっているものが多数公開されており、この問題が注目されている時間が長いほど彼女の主張を信じる人は減っていくだろうと思います。

                       悲しい事件です。

                      =========================================================================
                      小保方晴子のSTAP細胞論文の疑惑

                      小保方晴子 (おぼかたはるこ、1983年生 )氏は、日本の細胞生物学者。理化学研究所発生・再生科学総合研究センター・細胞リプログラミング研究ユニット・ユニットリーダー。弱酸などの外部刺激で体細胞を初期化することにより、胎盤組織を含む全ての生体組織分化できる多能性を持った細胞(STAP細胞)の作製方法を世界で初めて発表した。しかし、彼女の論文には不適切なデータの処理・加工・流用、そして、文章の剽窃などが認められることから、その研究内容の正確性に疑惑が向けられている。

                      <以下、具体的に小保方氏自身が自ら公表した論文データに基づく検証の詳細が記載されている>

                      =========================================================================

                       ただ小保方氏の行動の問題とSTAP細胞の真偽は別に考える必要があるでしょうが、たとえSTAP細胞のような現象を再現できたとしても、小保方氏が発見者とはとても言えないほどひどい論文データだと判断されるのではないでしょうか。その時はハーバードのバカンティ教授がでてくるでしょうね。もともと彼がSTAP現象があるかも、と長年の経験から感じていたようだし。ただその再現条件はまだわからないし、なんらかのコンタミであるか、ゲノムが変異しまくっている特殊な培養細胞だけで起きるかなり低い頻度でおきる病的な事象なのかよくわからない状況なのでしょう。特許はバカンティ教授が抑えているようだし、お金は彼に主に流れるのかな?理研の取り分もあるのかな?

                       またこれら問題とは別に、理研の人事の問題も、この際に解明していかないといけないと思います。どのような経緯で小保方氏が理研のユニットリーダーにいきなりなれたのか?税金を収めている人々に知ってもらう必要があるでしょう。

                      【送料無料】 ハルカトミユキ / 虚言者が夜明けを告げる。僕達が、いつまでも黙っていると思う...
                      サイエンスジョーク 笑えたあなたは理系脳 / 小谷太郎 【単行本】
                       
                      | 科学 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      | 1/2PAGES | >>